女性の安定した働き方

もちろん一方では、同じ「正社員」の賃金を払うなら、男性と同じ生産性を期待できる「総合職」か、専門職の女性を採用したい、という動きも目立ってきました。日本経済新聞が、九八年四月に四年生大卒女性を採用した大手八百八十九社を調査したところ、「総合職」の採用七千六百四十四人に対し、一般職は五千八百五十四人と、総合職が一般職を上回る結果になりました。男性の憩いのために「職場の花」をキープする余裕もなくなり、「とにかく仕事をしてくれる人」が採用基準になったことは、一面では女性にとってチャンスのようにも見えます。ただし数をよくみれば、一社あたりの平均は、一般職を上回った」はずの総合職でも、わずか八・六人にすぎません。つまりは、このままいけば、女性は容易には安定した働き方に入れない時代になりかねないということです。「OLにもなれない時代」といえるでしょうか。ただ、こうした時代は、裏返してみると、「サラリーマンや正社員だけが会社員とはいえなくなった時代」ともいえるのです。ある職場では、派遣社員とパートと契約社員と「正社員」が入り乱れ、管理職は労務管理に頭を悩ましていると聞きました。労組も、春闘で賃上げのビラを堂々と張り出せません。「定額回答を許すな」と書いたビラにある「正社員」の賃上げ率や賃金水準が、契約社員やパートよりはるかに高く、同じような仕事をしているのになぜこんなに違うのか、と、他の雇用形態の社員たちから突き上げが来る恐れがあるからというのです。これを読んでいれば、ここ→で、出会った人はあなたから離れられないかも。

DY036_L

専業主婦とOL

これまで述べたように、日本では「会社員」というと「正社員」のことを指していました。そのなかで女性の「正社員」の圧倒的多数は「OL」と呼ばれ、男性の社員たちとは区別されてきました。「OL」は、結婚して家庭で企業戦士を補助するまでは、職場の男性を補助して「明るく」する「職場の花」とされてきました。男性並みの仕事をハードにこなし、定年まで頑張る女性事務職は結構いたのですが、こうした人々は昇格から外され、いなかった人のように扱われることが多かったのです。一方、「OL」は、愛想がよくて気がきく、という能力が期待され、専門技能や業績のうえですぐれた「戦力」でなくても(ときにはむしろすぐれていない方が)OKの「フッーの女の子」の受け皿だったのです。自分にいまひとつ確信を持てないでいる多くの女性が、「私でもなれそう」と感じ、学校を卒業した後の自分の一応のおさまり場所と想定してきたのが「OL」でした。その意味では「専業主婦」に似た、ひとつの避難所だったともいえるかもしれません。ところが、経済環境が厳しさを増すなかで、今は、この部分の仕事が、派遣社員やパートタイマーなどに置き換えられつつあります。男性も会社にいさえすれば自動的に昇進昇給する環境ではなくなってきました。パートナーの男性が失業せず、妻の分も稼げる仕組みがあり、だからこそ「腰掛けOL」が通用したのに、まずこの部分で避難所があやしくなり、さらに「OL」という避難所も失いつつあるのです。もし、ここで→出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。

DY041_L

男女の事務職

女性の事務職は「補助仕事」だけをする昇進のないコースとして「一般職」に仕分けし、男性の事務職は「企画・指揮」をする昇進のあるコースとして「総合職」に仕分けする人事制度です。一般職はすべて女性に、男性はすべて総合職になり、「差別ではない」ことを立証するために、総合職に少し女性を入れておく、といった手法に対し「看板のかけかえ」といった批判が集まりました。賃金制度に「能力給」の厚みを増やし、査定で女性に格差をつける方法も一般化しました。女性だから安いのではなく、査定が低いから安いのだという論法で、女性の査定はほとんど低めにしてしまうというウルトラCです。男性正社員の高い年功賃金を確保するには、賃金が上昇曲線に入る前に女性がやめてくれなければ困るわけで、これが批判されると、「正社員」だった一般職を、短期で退職させても問題にならない女性のパートや派遣社員に置き換えていく動きが強まり、女性のパート比率は一段と増えています。「女性の働きやすさ指標」の国際比較では、いまだに十九位という「女性排除のシステム」と引き換えに、女性は結婚して、「妻を養う」ために手厚い保障を受けている夫に養われることになります。夫が長生きし、高給取りであり続け、他の女性に乗り換えたりしなければ何とか食べていけますが、結婚相手がみつからなかったり、夫に死なれたり逃げられたりした女は終わり、という仕組みです。女性の会社嫌い・専業主婦願望は、多くの場合、個人の好みというより、この政策に上手に誘導された結果といえるでしょう。仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、ここで→素敵な出会いを見つけてください。

DY033_L


結婚退職制

ただ、これまで述べてきた制度のほとんどが、会社員の中でも、「男性の正社員」にしかあてはまらないのが、これまでの日本の会社の実情でした。会社と雇用契約を結び、仕事と引き換えに給料をもらって働くのが会社員なら、「OL」はいうまでもなく、パートタイマーや派遣社員も会社員です。パートは、短い時間働くことで雇用契約を結んで会社や工場で働くわけですし、派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結び、別の企業に派遣されて働く、という点では、「雇用契約」を結んで働く社員なのです。ところが、これまでは、会社員=サラリーマン=男性の正社員、という思い込みが浸透し、「OL」はボーダーの会社員、パートや派遣社員は会社の外の人、など、主に女性が担ってきた働き方が、除外されて考えられがちだったといえるでしょう。例えば、大手企業は、年功序列・終身雇用が原則、といわれてきました。定年まで働くことを前提に、年齢が高くなればなるほど賃金が高くなる仕組みです。ところが、女性については、日本の戦後企業史は、このコースに乗せずに安くすませるため、途中で追い出しをかけるあの手この手の連続でした。古くは、女性社員には結婚退職制がありました。女性たちが訴訟を起こし、結婚退職制が違法となると、次は、年配の女性が着にくいミニスカートを制服に取り入れて、心理的に追い出しをかけたりする新手が登場しました。八六年に男女雇用機会均等法が施行され、以後、働く女性は増え続けました。この法律で男女の差による格差は違法となると、今度は、大手企業を中心に、「コース別人事」が発明されました。ここを読んで理解したらここ→で素敵なパートナーを探しましょう。

DY007_L

「もう私、トシですから」の歳は何歳?

0045
「こんなトシで初めてなんですけど、無事に赤ちゃんを産めるでしょうか」そういって診察室を訪れる婦人は少なくない。
年齢を聞いてみると、なんのことはない、まだ三十七、八歳。女優の司葉子さんじゃないけれど、四十歳までならほとんど心配ないといっていい。
全般に体格はよくなっているし、高年初産婦用の薬もずいぶん開発されているからだ。
なにかあるたびに「もう私、トシですから・・・」と、すぐに口にする女性が少なくない。それは、必ずしも心底そう思っているのではなくて、「いや、あなたなんかお若い。
まだまだこれからですよ」と言ってもらいたいばかりに”トシですから”を乱発するご婦人もいらっしゃるようである。女ごころ、なかなか微妙で複雑なのである。
「もう私、トシですよ。そんなセックスなんて、いやらしい」そういって相談にみえたのは、芳紀まさに六十歳の老婦人であった。
老人ホームからの紹介で、七十歳の男性と見合いした。お互い、過去に結婚の経験もある。
これからここ→結婚相談所 比較 で、出会う結婚相手との関係が難しくなったとき、この話を思い出してください。
しかし、いまや酸いも甘いもかみわける年代。
残りの人生を少しでも豊かに楽しく過ごすために、世に言うところの”お茶のみ友達”、ひとつ屋根の下で、気楽に余生を送りましょうと話がまとまったらしい。
だが、いざ結婚生活をスタートさせてみると、初日から異変が起こった。七十歳のムコ殿が、夜になると、ノコノコと彼女のふとんに入ってきて、けしからんことを求めてきた、というのである。
「ほんまに、けがらわしい。第一、約束が違いますがな。”お茶のみ友達”いうことで、まあ、それもよかろうと一緒になりましたんやで」
まことに心外な、と還暦の婦人は、まるで侮辱されたかのようにご立腹である。
一般に女性は、五十歳を過ぎたあたりから急激にソノ気がなくなるものらしい。たとえご主人に体を求められても、「いやらしい」と拒絶してしまう。
「まあ、うちの主人は年齢の割に健康なんやなあ」と歓迎する人は極めて少ないようだ。
「あのねえ、奥さん、男というのは、骨になるまでソノ気になるもんですよ。そう頭から毛ぎらいしないで、達者なおムコさんを祝福してあげたらどうです」
取りなし顔でそういうと、ご婦人は首をかしげた。「へえー、そんなもんですかねえ」そういったきり、浮かぬ顔で考えこんでしまった。

遺伝について

0044
遺伝は染色体というものによって代々受けつがれるものです。人間の染色体は四十六個あり、同じ種類の染色体が二個ずつ対をなしています。
その構成の仕方は二十二種類の対をなした染色体が四十四、そして性染色体といわれるものが一対で二個、合計二十三対四十六個の染色体から成り立っています。
女性の性染色体はXXといって、X染色体が二個(四六XXといいます)、男性はXYでX染色体とY染色体(四六XYといいます)から成り立っています。
このように二十三対の染色体があり対をなし、一方は父親、一方は母親から受けたものです。
一個の染色体の中には多くの遺伝子が存在していて、それぞれ、目、鼻、口、耳、手、足、脳などの身体を形づくる遺伝子があり、それによって素質や知能的なものも含めて形成されるのです。
もちろん、病的な因子も遺伝によるものがあります。そして、何番の染色体のどの部分に何を司どる因子があるのかも現在次々と解明されています。
ここを読んだら、これからここ→出会いがない 社会人 で、出会う相手と上手に駆け引きができますね。
父親と母親からきた遺伝子は対をなしていますが、因子が表面に現れるには、一方だけにあれば現れる場合と両方対をなしていないと現れない場合があります。
一方だけに因子があって現れる場合を優性遺伝、両方そろって現れる場合を劣性遺伝といいます。
優性遺伝は優れたものが現れるという意味ではありませんし、また同じように、劣性遺伝とは劣ったものが現れるという意味でもありません。

母系家族のナゾ

0043
「私ンとこ、四代つづいて女ばっかりなんです。だから、代々、養子もろて・・・。今度も同じように娘にムコ取ったんですけど、生まれてくる孫は、また女の子なんでしょうかねえ」
いかにも旧家のご寮さんといった感じのT子さんが、汗をふきふき訴えた。もうこの辺で男の子が欲しい。医学の力で何とかならないのかと、すがるような眼差しである。
世間には「母系家族」という言葉がある。たしかにT家のように、生まれてくるのは女ばかりということもないわけではない。
十代にわたって男が生まれなかった、という例も聞いたことがある。だけど、それはあくまで偶然が重なっただけのこと。率からいえば天文学的な確率だろう。
「女しか産めない家系なんてものは、医学的にはあり得ないんですよ。だって、生まれてくる子が男か女かは、入ってくる男性の精子で決まるんだから・・・」
まず相手がいないと、何もできないので、ここ→で相手を探してください。
私は、一から説明していくことにした。
赤ちゃんの男女の別は、精子と卵子のなかにある性染色体の組み合わせいかんで決まる。男性の精子はX精子とY精子と半々に分かれているが、女性の卵子の性染色体はXばかりである。
さて、精子が女性の体内に入って受精したとき、その精子がXなら卵子のXとドッキングしてXXで女児、Y精子だとXYで男児ということになる。
母親の卵子は、子どもの性の決定には全く関係がない。だから、母系家族つまり女の子しか生まれないということは、あり得ないわけである。
「そうですかねえ」T子さんは、まだ疑わしそうな表情を崩さずに言った。「現にウチは四代も続いて女ばっかりなんだもの・・・」
私自身、100%あり得ないと信じているわけではない。
たとえば、体質的にX精子しか受け入れない家系があったら、どうだろう。
なにか特異な免疫があって、すべてのY精子に拒否反応を示すような体質の女性なら、いくら妊娠しても男の子を受胎することがない・・・。
しかし、その女性のXXのうち一つは父親から来たものであることを思うと、この考えにも矛盾がある。
「たしかに、推理小説としては興味しんしんのテーマですな。巷では男女産み分けの方法がいろいろ言われているけれど、これもまだ学問的には確かな証明がない未知の分野だしねえ」
性の神秘、Y精子のナゾ・・・これもまた医学の奥深さを示す宿題のようである。

つわりがないけれど

0041
「先生、私、妊娠してるとおっしゃったけど、あれ、ウソでしょう。私を喜ばそ思うて、一時的な気休めを言うただけなんでしょ」
Y代さんは、えらい権幕である。
診察室に入るなり、まるでかみつかんばかりに私に詰め寄っ「間違いありません。どうして、そんなに疑うんですか」いささか持て余し気味に聞き返すと、彼女はキッとなって言った。
「だって、もう四カ月になるはずやのに、つわりが全然ないんです。だから、姑が毎日のように責めますの。”お前は異常や”とか”妊娠したなんてウソついてるんやろ”言うて・・・」
姑は、三人の子どもを産んでいるが、その都度ひどいつわりに悩まされた体験がある。ところが、嫁はそれらしい気配さえない。これは、おかしい―という論法で迫られたそうだ。
もし、ここで→出会い系 サクラいない 出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。
「つわりなんて、個人差があるんですよ。統計では、だいたい三割ぐらいがつわりを経験してませんね」
胎児は子宮の中で活発に運動する。そうすると、エネルギーが代謝し、汗と同じように老廃物をどんどん出す。それは、胎盤を通じて母親の血液の中に送りこまれていく。
ところが廃棄物処理機関である母親の腎臓は、まだ一人分を処理するのが精いっぱい。赤ん坊の分までとても能力が追っつかない。
だから、血液中に老廃物がたまり、一過性の急性中毒になる。つまり、二日酔いと同じような症状で、ムカムカしてくる―これが、つわりなのである。
「ところが、人一倍丈夫な腎臓、つまりですな、解毒処理能力の旺盛な腎臓を持ったお母さんは、赤ちゃんの分も百%引き受けてしまうから、つわりなしで済んでしまう。
多分あなたも、その一人なんですよ」Y代さんは、少しはわかったような表情になった。
「ただひとつ心配なのは、胎児が弱いと老廃物を出さない。だから、つわりにならないというケースです」
そういうと、再びY代さんの顔色が曇った。なによりも姑さんの体験が、まるで法律のように意識の上にのしかかっているのだろう。
「いや、あなたは全く心配ご無用です」私は声を大きくして、断定的に言った。前回の検査でも、はっきり妊娠の反応が出ている。
念のために赤ちゃんの元気な心音を聞かせてあげると、はじめてはればれとした表情になった。「そうですか。でも、つわりがない人って、三割もいるんですか。よかったわあ」

母が子に操られる?

0040
「お前、いったい誰のおかげで、この世に生まれてきたと思ってるの」―反抗期にさしかかった子どもが何かと突っかかってきたとき、母親は古来、こんなセリフで対抗し、子どもを封じこめてきたものだ。二児の母であるB夫人も例外ではなかった。
「私がお腹をいためて産んだのよ。自分ひとりで勝手に世の中へ出てきたような態度をするもんやないわ!」―そう言って、悪たれ中学生の長男坊をピシャッとやっつけた(つもりだった)。
「ところが、先生。うちの子ったら、ひどいんですよ。〃夫婦は夜、ええ思いをしただけ。あとは子どもが自分の力で出てくるんや。医者の家の友達が、そう言うてたよ″と言い返すんです。それ、本当ですか」
「残念ながら、大体そのとおりですな」、私は苦笑しながら答えた。
結婚前に結婚相談所 選び方 で、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。
「出産前後の仕組みが医学的に解明されてきた結果、分娩のときの主導権は、むしろ胎児のほうにあることが数年前にわかったんですよ」
具体的に説明すると、たとえば母親のオッパイ。あれがお産の前に大きく張ってくるのは、胎内の赤ちゃんが自分の副腎皮質からホルモンを大量に出して母体に送りこんだおかげ。
決して母親が自前でふくらませたものじゃないのである。まだある。母体の産道が臨月のころにはすっかり柔らかくなって赤ちゃんが出やすくなるのも、胎児の供給するホルモンが原因。
胎児が十分に成熟し、もう産んでもらっていい状態になると、自ら母親の中枢神経にサインを送り”「そろそろ陣痛を起こせ」の指令を出す。
その他いろいろ、とにかく子どもは、胎内が最も居心地のいい環境になるように自分のホルモンをコントロールしながら調整する、ということが証明された。
すべては母体が微妙に機能して、赤ちゃんを保護し成熟させる、と医学的にも言われていた数年前までに比べると、まさに百八十度の転換である。
「へーえ、そうなんですか」B夫人は感に耐えぬ風情でうなった。急にそう言われても信じられない、と顔に書いてある。
「なんや、まるで母親が子どもに操られているみたいですね」これじゃ、親の権威、尊厳は地に墜ちたも同然。”産んでやった”など大きな口をたたけなくなったのが口惜しくてならないらしい。
「医学が進歩するのも、よしあしですな」私もB夫人に、いや全国の母親に同調したいような気分になってきた。そうでなくても、親を親とも思わぬ子どもがふえてきているのだから―。

流産は流産を呼ぶ

0039
妊娠した女性の一割は流産する、という統計がある。おもな原因は三つ。初めての経験で妊娠したことに気がつかないまま過激な運動をしていた場合。生まれつき子宮の発育が極度に悪いとき。
それに、初めての妊娠を人工中絶したケースだ。Q子さんは二度流産したあげく、初めて私のクリニックへやってきた。
「先生。流産したあとは妊娠しやすいそうですね」「そんな話、医学的には全く根拠のない俗説です。むしろ、現実は逆ですな」私は、頭から否定した。
予感は当たった。診察してみると、Q子さんの子宮は二度にわたる流産時の掻把(そうは)で、相当ひどい傷ができている。あやうく生理がとまってしまうほどのいたみようだ。
だが、本人は陽性な人柄まる出しで、ケロッとしたもの。
「私は、ちゃんと二度も妊娠したんですよ。だから不妊症と違うでしょ。また精出して頑張ったら、そのうち子どもができますわよねぇ」それは、大いなる錯覚である。
そして、錯覚が、どんなに多くの女性をむしばんでいることか。
「奥さん、一度でも流産したら、それは次の流産の原因をつくったことになるんですよ。そのまま卵管がつまったりして不妊症になる女性も珍しくない。
そこのところをよく認識して、まず一から検査することですな」また統計の話になるが、一度流産すると次の妊娠が流産になる確率は三○%、二度流産すれば六○%、三度も重なれば八○%は次も流産する。四回以上は、もう説明の必要もないだろう。
これには夫の無理解も深い関係がある。流産した妻を口先でいたわりはするが、セックスは相変わらず。
「水害に見舞われた畑は当分休耕して土壌の質を調べ、基礎肥料も施さねばならない」ということを無視している男性があまりにも多すぎると思う。
うちへ通ってくる患者さんのなかでもR子さんは特別に熱心で私の指導にも忠実にみえた。だが、いっこうに妊娠する気配がない。あるとき私は、ふと誘導尋問してみた。
「ひょっとしたら奥さん、ご主人とのセックス、ず-つとないんじゃないですか」図星だった。
妊娠―流産を三度も繰り返したR子さんは、すっかり性交恐怖症になってしまい、排卵日が近づくと何かと理由をつけて夫を拒否していたという。
それでいて、診察日にはキチンとやってくる。理屈では説明できない複雑な女ごころに、私は言葉もなかった。
恋愛と結婚は違うところが多いですので、←ここで出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。
豆知識―流産について
流産は不妊症ではないと思っている女性が多くいます。たしかに妊娠はしたのですからそうともいえますが、子どもが生まれなければ結果的には不妊症と同じといえます。
医学統計によりますと、一回流産を経験すると、次に元気な赤ちゃんを得る率は七○%(流産は三○%)、二回流産を続けると、生児を得る率は四○%(流産は六○%)といわれ、少なくとも二回流産を経験した女性は考えるべきです。
検査を受けて原因を究明することも必要ですし、その後の後遺症としての不妊症に陥らないための心得を知ることも大切です。
●元気な赤ちゃんを得る率
流産一回後・・・70%
流産二回後・・・40%
流産三回後・・・20%