女性の安定した働き方

もちろん一方では、同じ「正社員」の賃金を払うなら、男性と同じ生産性を期待できる「総合職」か、専門職の女性を採用したい、という動きも目立ってきました。日本経済新聞が、九八年四月に四年生大卒女性を採用した大手八百八十九社を調査したところ、「総合職」の採用七千六百四十四人に対し、一般職は五千八百五十四人と、総合職が一般職を上回る結果になりました。男性の憩いのために「職場の花」をキープする余裕もなくなり、「とにかく仕事をしてくれる人」が採用基準になったことは、一面では女性にとってチャンスのようにも見えます。ただし数をよくみれば、一社あたりの平均は、一般職を上回った」はずの総合職でも、わずか八・六人にすぎません。つまりは、このままいけば、女性は容易には安定した働き方に入れない時代になりかねないということです。「OLにもなれない時代」といえるでしょうか。ただ、こうした時代は、裏返してみると、「サラリーマンや正社員だけが会社員とはいえなくなった時代」ともいえるのです。ある職場では、派遣社員とパートと契約社員と「正社員」が入り乱れ、管理職は労務管理に頭を悩ましていると聞きました。労組も、春闘で賃上げのビラを堂々と張り出せません。「定額回答を許すな」と書いたビラにある「正社員」の賃上げ率や賃金水準が、契約社員やパートよりはるかに高く、同じような仕事をしているのになぜこんなに違うのか、と、他の雇用形態の社員たちから突き上げが来る恐れがあるからというのです。これを読んでいれば、出会った人はあなたから離れられないかも。

参考:結婚相談所 比較
DY036_L

専業主婦とOL

これまで述べたように、日本では「会社員」というと「正社員」のことを指していました。そのなかで女性の「正社員」の圧倒的多数は「OL」と呼ばれ、男性の社員たちとは区別されてきました。「OL」は、結婚して家庭で企業戦士を補助するまでは、職場の男性を補助して「明るく」する「職場の花」とされてきました。男性並みの仕事をハードにこなし、定年まで頑張る女性事務職は結構いたのですが、こうした人々は昇格から外され、いなかった人のように扱われることが多かったのです。一方、「OL」は、愛想がよくて気がきく、という能力が期待され、専門技能や業績のうえですぐれた「戦力」でなくても(ときにはむしろすぐれていない方が)OKの「フッーの女の子」の受け皿だったのです。自分にいまひとつ確信を持てないでいる多くの女性が、「私でもなれそう」と感じ、学校を卒業した後の自分の一応のおさまり場所と想定してきたのが「OL」でした。その意味では「専業主婦」に似た、ひとつの避難所だったともいえるかもしれません。ところが、経済環境が厳しさを増すなかで、今は、この部分の仕事が、派遣社員やパートタイマーなどに置き換えられつつあります。男性も会社にいさえすれば自動的に昇進昇給する環境ではなくなってきました。パートナーの男性が失業せず、妻の分も稼げる仕組みがあり、だからこそ「腰掛けOL」が通用したのに、まずこの部分で避難所があやしくなり、さらに「OL」という避難所も失いつつあるのです。もし、出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。

出典:出会いがない 社会人
DY041_L

男女の事務職

女性の事務職は「補助仕事」だけをする昇進のないコースとして「一般職」に仕分けし、男性の事務職は「企画・指揮」をする昇進のあるコースとして「総合職」に仕分けする人事制度です。一般職はすべて女性に、男性はすべて総合職になり、「差別ではない」ことを立証するために、総合職に少し女性を入れておく、といった手法に対し「看板のかけかえ」といった批判が集まりました。賃金制度に「能力給」の厚みを増やし、査定で女性に格差をつける方法も一般化しました。女性だから安いのではなく、査定が低いから安いのだという論法で、女性の査定はほとんど低めにしてしまうというウルトラCです。男性正社員の高い年功賃金を確保するには、賃金が上昇曲線に入る前に女性がやめてくれなければ困るわけで、これが批判されると、「正社員」だった一般職を、短期で退職させても問題にならない女性のパートや派遣社員に置き換えていく動きが強まり、女性のパート比率は一段と増えています。「女性の働きやすさ指標」の国際比較では、いまだに十九位という「女性排除のシステム」と引き換えに、女性は結婚して、「妻を養う」ために手厚い保障を受けている夫に養われることになります。夫が長生きし、高給取りであり続け、他の女性に乗り換えたりしなければ何とか食べていけますが、結婚相手がみつからなかったり、夫に死なれたり逃げられたりした女は終わり、という仕組みです。女性の会社嫌い・専業主婦願望は、多くの場合、個人の好みというより、この政策に上手に誘導された結果といえるでしょう。仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、素敵な出会いを見つけてください。

参考:出会い系 サクラいない
DY033_L


結婚退職制

ただ、これまで述べてきた制度のほとんどが、会社員の中でも、「男性の正社員」にしかあてはまらないのが、これまでの日本の会社の実情でした。会社と雇用契約を結び、仕事と引き換えに給料をもらって働くのが会社員なら、「OL」はいうまでもなく、パートタイマーや派遣社員も会社員です。パートは、短い時間働くことで雇用契約を結んで会社や工場で働くわけですし、派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結び、別の企業に派遣されて働く、という点では、「雇用契約」を結んで働く社員なのです。ところが、これまでは、会社員=サラリーマン=男性の正社員、という思い込みが浸透し、「OL」はボーダーの会社員、パートや派遣社員は会社の外の人、など、主に女性が担ってきた働き方が、除外されて考えられがちだったといえるでしょう。例えば、大手企業は、年功序列・終身雇用が原則、といわれてきました。定年まで働くことを前提に、年齢が高くなればなるほど賃金が高くなる仕組みです。ところが、女性については、日本の戦後企業史は、このコースに乗せずに安くすませるため、途中で追い出しをかけるあの手この手の連続でした。古くは、女性社員には結婚退職制がありました。女性たちが訴訟を起こし、結婚退職制が違法となると、次は、年配の女性が着にくいミニスカートを制服に取り入れて、心理的に追い出しをかけたりする新手が登場しました。八六年に男女雇用機会均等法が施行され、以後、働く女性は増え続けました。この法律で男女の差による格差は違法となると、今度は、大手企業を中心に、「コース別人事」が発明されました。ここを読んで理解したら素敵なパートナーを探しましょう。

参考:結婚相談所 選び方
DY007_L

「もう私、トシですから」の歳は何歳?

0045
「こんなトシで初めてなんですけど、無事に赤ちゃんを産めるでしょうか」そういって診察室を訪れる婦人は少なくない。
年齢を聞いてみると、なんのことはない、まだ三十七、八歳。女優の司葉子さんじゃないけれど、四十歳までならほとんど心配ないといっていい。
全般に体格はよくなっているし、高年初産婦用の薬もずいぶん開発されているからだ。
なにかあるたびに「もう私、トシですから・・・」と、すぐに口にする女性が少なくない。それは、必ずしも心底そう思っているのではなくて、「いや、あなたなんかお若い。
まだまだこれからですよ」と言ってもらいたいばかりに”トシですから”を乱発するご婦人もいらっしゃるようである。女ごころ、なかなか微妙で複雑なのである。
「もう私、トシですよ。そんなセックスなんて、いやらしい」そういって相談にみえたのは、芳紀まさに六十歳の老婦人であった。
老人ホームからの紹介で、七十歳の男性と見合いした。お互い、過去に結婚の経験もある。
これから出会う結婚相手との関係が難しくなったとき、この話を思い出してください。
しかし、いまや酸いも甘いもかみわける年代。
残りの人生を少しでも豊かに楽しく過ごすために、世に言うところの”お茶のみ友達”、ひとつ屋根の下で、気楽に余生を送りましょうと話がまとまったらしい。
だが、いざ結婚生活をスタートさせてみると、初日から異変が起こった。七十歳のムコ殿が、夜になると、ノコノコと彼女のふとんに入ってきて、けしからんことを求めてきた、というのである。
「ほんまに、けがらわしい。第一、約束が違いますがな。”お茶のみ友達”いうことで、まあ、それもよかろうと一緒になりましたんやで」
まことに心外な、と還暦の婦人は、まるで侮辱されたかのようにご立腹である。
一般に女性は、五十歳を過ぎたあたりから急激にソノ気がなくなるものらしい。たとえご主人に体を求められても、「いやらしい」と拒絶してしまう。
「まあ、うちの主人は年齢の割に健康なんやなあ」と歓迎する人は極めて少ないようだ。
「あのねえ、奥さん、男というのは、骨になるまでソノ気になるもんですよ。そう頭から毛ぎらいしないで、達者なおムコさんを祝福してあげたらどうです」
取りなし顔でそういうと、ご婦人は首をかしげた。「へえー、そんなもんですかねえ」そういったきり、浮かぬ顔で考えこんでしまった。

参考: